そもそも人間は…

2018/09/21

あ、どうも僕です。

院長の畠山です。

今回は先頭に持ってきました。

今日の患者さんとのやりとり。

「あ、そうやった」

「あ、そう言えばそうやった」

「あ〜〜〜〜〜〜〜!」

って具合で色々出てくるんですよ。

なんだと思いますか?

要はですね

 

忘れる

ってことなんです。

 

僕が推し進めている姿勢改善の基礎と応用プログラムは、

右利きを左利きに変えていくのと似ています。

体と脳は賢いようで賢くないのです。
体に入ってくる情報がいくら正しくても、体と脳は今までの癖を選択してしまいます。

足を組まない方がいいのに組んでしまう。

左右対称に使った方がいいのに片方しか使わない。

だから、忘れてしまうことを見越して取り組んでいく必要があります。

だから、一回で改善なんて間違っても言いません。

だから、痛いとかこるという症状ではなく習慣に注目した

 

プログラム

が必要になります。

 

忘れてしまうから、定期的に覚えるまで反復して体と脳にインプットを繰り返す。

だから、確実に結果が出やすいんですね〜よくできてますね〜。

った感じでやってます。

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事

November 30, 2018

November 17, 2018

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

​COPYRIGHT 2018 元気になる接骨院・整体院

  • Facebook Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • instagram